November 14, 2015

保護者会役員慰労会

吹奏楽部は、ちょうどこの時期が、新・旧役員の入れ替わりの時期。
生徒も、3年生が引退して、2年生が最上級生となる。

今夜は、旧役員の慰労会があり、私も誘われたので行ってきた。

店は、駅前の居酒屋。個室があるので、話をしやすい。
夕方6時半から2時間の飲み放題コースだったのだけど、話をしている間にその2時間半はあっという間に過ぎ、1時間の延長。気づいたら、11時近くなっていた。
結局、4時間半いたことになる。

3年生の保護者が多いので、話題は受験のこと、どうすれば数学ができるようになるのかといったような深刻な話、やっぱり子供の話、仕事の話など、飽きない話が続いて、ずいぶん短く感じた4時間半だった。

私自身も、自分の子供が中学校で吹奏楽部にいた時、後援会の会長、副会長をやったので、保護者会役員の大変さはよく知っている。
でも、楽しく1年間を過ごしてもらうことができたようで、よかった。
来週、保護者会総会があり、新役員が動き始める。

23:59:00 | mogura | comments(0) | TrackBacks

November 08, 2015

シーズンオフ

今日は、勤務校のPTAバザーだった。
吹奏楽部が、バザー開始のアトラクション演奏をした。

これで、吹奏楽部はやっとシーズンオフになる。
12月にアンサンブルコンテストがあるが、出場しないことにした。
アンサンブルはぜひやりたいと思うが、アンコンに出そうとすると、どうしてもアンコン中心の練習になってしまう。
2月には課題曲の楽譜が届くし、できればそれまでに自由曲の見通しをつけておきたい。そうすると、じっくり腰を据えて基礎練習をやって、それを習慣にするのは、この時期しかないのだ。

今年、コンクールで期待以上の結果を出すことができたので、来年はそれよりもう1歩、上を目指したい。昇降口前のあの交流デッキの手すりに、「吹奏楽部」という横断幕を張りたい。

そのために、いくつか新しい練習方法を導入することにした。

新しい基礎練習をやるときは、一旦始めたら、途中でどんなにその効果に疑問を持っても、最低3ヶ月は続けることにしている。それぐらい継続しないと、効果はわからないのだ。

今週は、定期テストがあるので、木曜日まで部活はない。
定期テストが終わったら、いよいよ発進だ。

20:55:35 | mogura | comments(0) | TrackBacks

November 07, 2015

えきなんフェスタ

毎日書こうと思っていたブログが、3日空いてしまった。

今日は、「えきなんフェスタ」があった。「駅北」でも、「島田産業まつり」をやっている。「えきなんフェスタ」も「島田産業まつり」の一部なのかな?「島田産業まつり」のチラシに、「えきなんフェスタ」のことも書いてある。

「えきなんフェスタ」で島田一中吹奏楽部が演奏するのは以前から続いているようだが、一昨年から、島田商業高校音楽部とコラボするようになった。合同演奏もする。

この「えきなんフェスタ」は、島田一中吹奏楽部にとっては、けっこう厳しいイベントだ。2週間ほど前に3年生が引退したばかりで、1、2年生だけでの初めてのステージになる。しかも、1、2年生だけでの練習時間は、ほとんどない。3年生がいないから、文化発表会でやった曲を演奏するのは、ほとんど無理。
だから、毎年、文化発表会でやる曲の中に、1、2年生だけになっても演奏できるような曲を1曲入れておき、もう1曲は、この2週間で作ってしまう。平日はほとんど練習時間がないので、初見合奏みたいな状況だ。

でも、高校と合同で演奏するというのは、中学生にとっては貴重な経験だ。得るものが大きい。だから、毎年、無理をしてでも「えきなんフェスタ」に参加しようという気になるのだ。

23:59:00 | mogura | comments(0) | TrackBacks

November 01, 2015

合同練習

11月7日(土)に、「えきなんフェスタ」という地域イベントがある。
一中吹奏楽部が、そのイベントで演奏するようになって何年になるのかな。私が顧問になる前もやっていたのだろうか。

最初の年は、FM島田が「えきなんミニフェスタ」(当時はミニだった)の会場から中継をしていて、チューニングをしている時にスタッフからインタビューを申し込まれたことがあった。
部長と副部長を連れて、中継場所まで行って、インタビューを受けたっけ。

一昨年からは、島田商業高校の音楽部と合同演奏をするようになった。
一昨年は、一中から島商へ進学した吹奏楽部員を通して合同演奏の話があり、去年からはフェスタの実行委員会から「島商と合同で」と依頼が来るようになった。

今年も、1曲だけ合同演奏をする。

今日は、そのための合同練習があった。
島商へお邪魔して、合同で合奏練習をした。
島商音楽部の3分の1ぐらいは、高校へ入ってから吹奏楽を始めた生徒で、経験年数としては中学生と変わらない。でも、体格もいいし、練習時間も多いから、中学生よりはずっと上手で、合同練習はいい勉強になる。

「えきなんフェスタ」と次の日の「PTAバザー」が終われば、いよいよシーズンオフ。
今年も基礎練習をみっちりやろう。
来年は、リアルに金賞をめざすのだ。
(異動したりしないだろうな……。)

22:59:00 | mogura | comments(0) | TrackBacks

October 24, 2015

3年生引退式

今日は、吹奏楽部の3年生引退式だった。
「式」と言っても儀式的なことをやるわけではなく、3年生から一言ずつ言葉をもらうだけ。

それでも、1、2年生と3年生は、お互いに手紙などを交換しあって、感謝の気持ちを伝える。

3年生が順に一言ずつ言っていく時には、1、2年生の中には涙が止まらず、タオルを目に当てたままの生徒もいた。
やっぱり、1、2年生にとって、いい先輩だったのだろう。

今年の3年生は、私の吹奏楽部顧問経験の中で、いくつかの点で一番だった。

入部した人数が23人で、一番多かった。

5人が中途退部して、これも一番多かった。

人間関係の指導でも一番苦労したかな。

文化発表会をはじめ、地域コンサートなどでも、司会が一番凝っていた。ミュージコ吹奏楽フェスティバルのアンケートに「コント」と書かれていた。まあ、確かにコントだった。

そして、コンクールの成績が一番良かった。来年は、もっと良くなりたい。

新部長が引退式の進行をするのだが、ちゃんと自分で台本と作り、新部長から3年生へ贈る言葉も書いてきてあって、感心した。

23:59:00 | mogura | comments(0) | TrackBacks